コインランドリー経営は個人がいい?フランチャイズがいい?

コインランドリーを経営しようと考えたとき、まず決めなければならないのが「個人経営にするか、フランチャイズ経営にするか」という点です。今回は、個人経営とフランチャイズ経営とで開業までの流れにどのような違いがあるのかについてご紹介します。

コインランドリー開業までの流れ

開業までの流れに関して、個人経営とフランチャイズ経営とでどのような違いがあるのかを考える前に、コインランドリーを開業するまでの一般的な流れについてみていきます。

1.立地調査

土地を所有していない場合は、コインランドリーを開業するのに適した土地や物件を探す必要があります。所有地がある場合は、周辺の商圏調査を行います。こうした調査は、仲介業者に依頼することもできます。

2.資金計画の立案

必要な収益プランを練ります。開業にどの程度の資金が必要であるかを算出するだけでなく、開業後にどの程度の収益が見込めるかも算出します。自己資金だけでは足りない場合には、金融機関に融資を依頼するという選択肢もあります。

3.店舗運営の企画・立案およびレイアウトの決定

店舗の面積から、機器の種類や台数を決めます。機器の導入に関しては、購入するかリース(長期レンタル)するかで初期費用や毎月のコストが大きく変わります。

4.施工

店舗レイアウトが決定すると、施工に移ります。

5.開業

施工終了後は、雑誌などの細かな備品をそろえ、いよいよ開業となります。開業後は利用者が快適に利用できるように、定期的に店舗内の清掃や機器のメンテナンスを行うことが大切です。

開業までの大まかな流れは以上です。では、個人で経営する場合とフランチャイズで経営する場合では、開業までの流れにどのような違いがあるのでしょうか。

個人経営とフランチャイズ経営の違い

・個人経営の場合
コインランドリーを個人で経営する場合、上記で説明した一連の流れ(土地調査や施工の依頼など)をすべて自分で行うことになります。経営を行う店舗選びや機器の種類、導入方法を考えるだけでなく、経営にかかるイメージや収支のバランスなど把握しておく必要があります。「細かな計画を立てるのが好き」「店舗の経営経験がある」「自由に経営したい」と考える方は、個人経営に向いているといえます。

・フランチャイズ経営の場合
一方、コインランドリーチェーンのフランチャイジーとなって経営を行う方法もあります。この場合、立地調査や商圏調査、経営にあたってのプランニングは本部に任せることができます。また、本部にクレームの対応を任せたり、他のフランチャイズ加盟点との情報交換ができます。個人経営に比べ初期費用がかかりますが、副業で経営する場合など、オーナーの負担をできるだけ軽くしたい方はフランチャイズ経営がおすすめだといえます。

個人経営とフランチャイズ経営、それぞれに利点がありますが、始めて店舗を持つ方であればフランチャイズ経営がおすすめだといえます。これは、フランチャイズに加盟してサポートを受けながら経営することで、失敗のリスクを軽減させることが可能であるためです。
これまでに投資や組織の運営経験がない方であれば、専門スタッフによるサポートが受けられるフランチャイズ経営がおすすめです。はじめての副業や店舗運営として、ぜひコインランドリー経営を考えてみてはいかがでしょうか。