コインランドリーを開業するときにかかる費用はどれくらい?

投資のひとつとして人気の高いコインランドリー経営。コインランドリーを開業するとなると、費用はどれくらいかかるのでしょうか。今回は、コインランドリーを開業するときかかる費用や収益の構造をご紹介します。

初期費用は何にどれくらいかかる?

コインランドリー経営の初期投資は、1,300万円~1,500万円程度というのが一般的です。では、その具体的な内訳はどのようになっているのでしょうか。店舗の規模を10坪~15坪とした場合の大まかな内訳をご紹介します。

・洗濯機や乾燥機の購入費用、1,000万円程度
1,000万円だと洗濯機が3台~4台、乾燥機が7台~8台分です。

・その他費用、300万~500万円
その他の費用には、内装費、給排水工事、電気工事、看板などが含まれます。

開業後の維持費用は、何にどれくらいかかる?


続いて、開業後維持費用と売上についてみていきます。平均的な店舗の売上、60万円の場合で考えていきましょう。

・家賃(賃貸の場合)、13万円程度

・水道光熱費、12万円程度
利用者が増えれば水道光熱費は高くなりますが、その他のコストはほとんど変わらないので売上が伸びれば伸びるほど利益率は高くなります。コインランドリーは利用者が使用しているときのみ稼働するので、売上が低くなると自動的に水道光熱費も安くなります。

・雑費、2万円程度
雑費には、掃除道具や洗剤、コールセンター代などが含まれます。

・人件費、3万円
オーナーの負担を削減するためにアルバイトを雇った場合、人件費がかかります。清掃などをお任せするとして時給1,000円でアルバイトを雇った場合の金額です。

これらを合わせて、維持経費の合計は約30万円程度になります。そうすると月々の売上60万円-経費30万円=利益30万円となります。家賃が不要な場合は、利益は43万円です。
開業から2年ほど経てば、店舗の認知度が増して利用者が増えてくるため、さらなる利益アップが見込める可能性もあります。

立地のよい場所に自分の土地を持っている方であれば、コインランドリー経営は特におすすめです。家賃が不要で、好立地にコインランドリーを開業することで投資金額の早期の回収が期待できるためです。

なお、これらはあくまで大まかに計算した場合の費用です。その他の機器の故障に伴う修理の場合、その期間の売上を確保することは困難になります。この点、フランチャイズ経営であれば、故障の際に迅速な対応が可能であり、機会損失を防ぐことができます。また、修理費の保障がついているため安心です。

こうした理由から、これまでに店舗の運営経験がない方であってもコインランドリー経営はおすすめです。