コインランドリーに顧客を集めるには、“メインターゲットを定める”ことが必須


コインランドリー経営は、リスクが少なく、利回りの高い投資ビジネスとして人気を集めています。しかし、どんなに利回りが高いビジネスとはいえ、集客率が悪ければ高い利益は期待できません。利回りをよくするには、集客率を高める必要があります。
そこで今回は、コインランドリー経営において集客率を高めるためのポイントについてご紹介します。

コインランドリーに対するイメージ

コインランドリーは、これまで「薄暗い」「狭い」「男性が利用する」というイメージが強く持たれていました。また、「他人の洗濯物と一緒に洗っているような感覚でイヤ」など衛生面に不安を感じたり、「操作方法が分からない」など操作に不安を感じたりと、特に女性の中には利用することに対して抵抗のある方も多くいたのです。

近年では、コインランドリーの利用客は「女性」が大半を占めています。独身女性はもちろん、共働きや主婦の方など、多くの女性がコインランドリーを利用しています。

集客には、メインターゲットを定めることが大切


コインランドリー経営において集客率を高めるには、メインターゲットを明確に定める必要があります。メインターゲットが定まっていなければ、お店のコンセプトもあやふやとなり、それに伴い集客率も中途半端になってしまうもの。メインターゲットを明確に定めることが、集客率アップの近道なのです。

メインターゲットに合ったお店づくりを

メインターゲットを明確に定めると、次に行うのが「ターゲット層に合ったお店づくり」です。ターゲット層が入店しやすいように、メインターゲットに沿った外観や内装にする必要があります。
女性がメインターゲットである場合は、特に内装を清潔感のある雰囲気に保ち、照明は明るく、パーソナルスペースが保てるような広々とした店内に整えましょう。また、女性の中には操作方法に不安を感じる方が多くいます。
そんな女性でも気兼ねなく利用できるよう、看板やポップなどを用いて分かりやすくランドリーの操作方法などを記載しておくことも大切です。他にも、キャリアウーマンのために化粧やちょっとした作業ができるドレッサーを用意したり、子育てママのために授乳室を用意したり、女性専用の待合室を用意するなど、女性が喜ぶキメ細やかなサービスを整えることが集客率アップにつながります。

経営を軌道に乗せ、高い利益率を実現するためにはメインターゲットを定めることが大切です。そして、メインターゲットが定まったら入店しやすい雰囲気を作り、集客率アップにつなげましょう。