シニア?サラリーマン?コインランドリー経営は、どんな人におすすめ?

シニア?サラリーマン?コインランドリー経営は、どんな人におすすめ?



近年、注目を集める投資ビジネスとして「コインランドリー経営」があげられます。中でもフランチャイズの場合は、余計な時間や手間をかけずに店舗経営が行えるため、働く世代はもちろん、定年退職後のシニア世代にもおすすめの投資ビジネスとなっています。注目を集める投資ビジネスのひとつであることから、コインランドリー経営に興味をお持ちの方も多いかもしれません。
そこで今回は、どんな方にコインランドリー経営が向いているのかをご紹介します。

こんなシニアの方におすすめ

コインランドリー経営は、初期投資こそかかるものの専門的な知識や経験は必要なく、体力も必要ないため、定年退職後のシニアでもはじめやすいビジネスとして注目を集めています。

また、マンション経営や駐車場経営などの不動産投資のように大きなスペースは必要なく、小さなスペースでも行えることから、「所有している狭小土地を上手く活用したい」と考える方にもぴったりです。
コインランドリーをフランチャイズで経営する場合、初期投資の平均額は、およそ1,300万円~1,500万円といわれています。

「数千万円の預貯金額がある」という方や「1,000万円以上の退職金が入る」という方、または「余分な土地の活用方法に困っている」というシニアの方に、コインランドリー経営はおすすめのビジネスといえるでしょう。

こんなサラリーマンにおすすめ



専門知識や経験、体力が不要なコインランドリー経営は、定年退職後のシニアだけでなく、働く世代のサラリーマンにもおすすめです。本業とは別に副業としてコインランドリーを経営することで、不労所得を得ることができます。

中でも、フランチャイズでコインランドリーを経営すると、クレーム対応やトラブル対応など手間はすべて本部が対応することから、本業に支障をきたすことなく店舗経営が行えます。「今の仕事を続けたまま副業で収入を得たい」という方や、「できるだけ手間をかけずに店舗経営をしたい」と考える方、または「副業として利回りのよい投資をしたい」と考えるサラリーマンにも、コインランドリー経営はおすすめです。

超高齢化社会の影響により、年金の受給額に不安を抱える方や、今の収入に不安を抱える方は少なくありません。専門的な知識や体力を必要とせず、また、利益率の高いフランチャイズのコインランドリー経営は、そんなシニア世代や働く世代の方々におすすめの投資方法といえます。手軽にはじめられて手堅い投資方法をお探しの方は、ぜひ一度ご相談ください。