働かないで収入を得る。不労所得とは?



「不労所得ってどうやって得るんだろう?」「どんな種類があるんだろう?」と疑問に思った方もいるもではないでしょうか。今回は、そんな不労所得について詳しくご紹介します。

不労所得とは?

不労所得とは簡単に説明すると、働かなくても入ってくるお金です。不労所得を得るための方法として代表的なものに、不動産投資があります。不動産投資とは、マンションを購入して他者に貸し出すことで家賃収入を得る投資です。

例えば、家賃が月6万円の部屋が10室あるマンションを購入・貸し出して満室になった場合、月60万円の不労所得が見込めます。なお、管理等の費用が必要で、空室が出るというリスクもあります。不動産投資をする場合、空室が出るリスクや物件が古くなった際の修繕も視野に入れて考えなければなりません。

不労所得のために不動産投資をするとなると、高額な初期投資が必要になります。しかし、中にはもっと低リスクで始められる投資もあります。今回はさまざまな不労所得をご紹介します。

不労所得の種類とは?



不労所得を得るには、不動産投資以外にもさまざまな方法があります。例えば、近年では自動販売機やコインロッカー、コインランドリーなどへの投資が人気を集めています。これらは比較的初期投資も少なく、そして利回りが高く、副業として行う方も増えています。以下では、それぞれの特徴をご紹介します。

・自動販売機
小さなスペースがあれば始められる自動販売機への投資は、最も負担が少ないビジネスのひとつともいわれています。設置費用は専門業者が負担し、商品の補充や売上金の回収、釣り銭の補修なども業者が行います。

自動販売機の稼働にかかる数千円の電気代はオーナー持ちになりますが、売上の約2割は手元に残ります。しかし、最近はコンビニが増えたこともあり、自動販売機による売上が減少傾向にあります。

・コインロッカー
自動販売機と同様、コインロッカー経営も小規模で始められるビジネスです。
ロッカーを所有し貸し出せば、知らない間に利用者が利用するので、不労所得になります。

・コインランドリー
コインランドリー経営は、手厚いビジネスとして注目を集めている投資先のひとつです。狭い土地でも始められるので、所有している土地を有効活用するためであったり、サラリーマンの副業として始める方が増えています。

コインランドリーは、洗濯という生活に密着した家事のひとつを取り扱う業種なので、景気に左右されにくく、共働き家庭が増えている近年、さらなる需要が期待されています。そして何より、ランニングコストの低さや利回りの高さがコインランドリー経営の利点だといえます。一日一回の掃除や集金も、フランチャイズに加盟することでオーナーの負担を減らすことができます。

不労所得を得るために投資を始める方は、安定した老後生活を送るためであったり、サラリーマンをしながら副業として行う方であったりとさまざまです。
今後、投資を考えるのであれば、自身に合った投資方法を見つけることが大切です。コインランドリーのフランチャイズ経営をお考えであれば、ぜひ一度ご相談ください。