コインランドリーの防犯カメラ、ダミーは危険!?

犯罪リスクを抑制するひとつの手段として「防犯カメラ」があげられます。お店や一般家庭でも防犯カメラの設置は増えていますが、ダミーの防犯カメラを設置するところも少なくありません。コインランドリーも同様、ダミーの防犯カメラを設置している店舗が多くあります。しかし、ダミーの防犯カメラには、メリットがある一方でデメリットもあります。
そこで今回は、ダミーの防犯カメラにおける注意点をご紹介するとともに、防犯カメラの重要性についてご紹介します。

ダミーの防犯カメラを選ぶ理由とは

コインランドリーの経営において、顧客獲得を狙うには女性層をメインターゲットにすべきといわれています。
女性をメインターゲットにするためには、女性に安心して利用してもらえるようセキュリティ対策に力を入れる必要があります。効果的なセキュリティ対策といえば、防犯カメラです。しかし、防犯カメラを設置するにはある程度の費用が必要となります。店舗を経営するにあたり売上アップを狙うなら、コスト削減も重要です。
そこでセキュリティ対策となる防犯カメラを、ダミーのカメラに置き換えて設置する経営者は多いかもしれません。一見すると本物と変わりないダミーの防犯カメラを設置することで、犯罪リスクを抑制できるだけでなく、安く購入できることから大幅なコスト削減にもつながります。

やっぱり本物を取り付けるべき!?防犯カメラの重要性



セキュリティ対策になるだけでなくコスト削減にもつながるダミーの防犯カメラではありますが、ダミーの防犯カメラにはデメリットもあります。ダミーの防犯カメラは、実際に犯罪が起きた場合には役に立ちません。
設置している防犯カメラがダミーだと犯人に気づかれた場合、その周辺エリアは警戒が薄いエリアだと判断されます。それに伴い、コインランドリーの店舗のみならず、周辺にある他の店舗にまで盗難被害などの犯罪が頻発する可能性が高まるのです。
その点、本物の防犯カメラであれば、万が一犯罪が起きた場合でも映像が録画されているため、それが証拠となり、犯罪解決へとつながります。また、防犯カメラがあることによって犯罪の抑制にもなり、犯罪件数の減少にもつながるのです。

明らかにダミーと認識される防犯カメラでは、犯罪のリスクが高まる可能性もあるといえます。そのため、なるべく本物の防犯カメラを設置し、犯罪リスクの抑制に努めることが大切です。本物の防犯カメラであれば利用者に安心感を与えることにもつながり、顧客獲得や売上アップにもつながります。