コインランドリー経営で失敗しないために。フランチャイズの選び方



近年、注目を集めているコインランドリー経営。そんなコインランドリー経営を副業で行う場合、個人経営よりもフランチャイズ経営の方が推奨されています。フランチャイズにおいて、ノウハウを提供する本部側を「フランチャイザー」と呼び、加盟店や加盟者を「フランチャイジー」と呼びます。今回は、コインランドリーチェーンのフランチャイジーとなって経営を行う場合のフランチャイザーの選び方や、フランチャイズ経営の魅力・メリットについてご紹介します。

フランチャイザーの賢い選び方



フランチャイズでのコインランドリー経営に成功するためには、フランチャイザー選びが重要となります。フランチャイザー選びで注意すべきポイントは、以下の通りです。

・充実したサポート体制
専門知識がなく、未経験でも始めやすいコインランドリー経営ではありますが、開業後に機器の故障や利用者からの問い合わせに対応しなくてはならない場合があります。その場合、アフターフォローやサポート体制が充実していなければ、すべて自分自身で対処しなくてはなりません。そうならないためにも、開業支援だけでなくアフターフォローやサポート体制が充実しているフランチャイザーを選ぶようにしましょう。

・提案内容の的確さ
コインランドリー経営で集客を狙うには、世帯調査や人口分布、周辺環境などの市場調査を行い、その需要に応じた供給を行う必要があります。それらを踏まえた上で最適な店舗設計や機材選定が提案できるかどうかを見極めてフランチャイザーを選ぶことが大切です。

・実績の有無
フランチャイザー選びには、実績の確認も重要です。実績があるということは、フランチャイザーとしてのノウハウを確立しているということ。実績がなくても優秀なフランチャイザーもありますが、やはり実績があるに越したことはありません。

・地域密着型であるかどうか
店舗でトラブルが生じた場合、地域密着型のフランチャイザーでなければすぐに駆けつけて対応してもらうことは難しいといえます。それが地域密着型であれば、早急な対応が可能となります。トラブル対応の早さは、顧客満足度や集客率に直結するため、地域密着型のフランチャイザーを選ぶとよいでしょう。

フランチャイズならではのメリット

副業でコインランドリーを経営する場合、個人経営であれば店舗で何かトラブルがあってもすぐに対応することは困難です。また、店舗管理や集金などに時間を割く必要もあります。この点、フランチャイズであれば、自分の手間や時間を割くことなく、顧客満足度の高いサービスを提供することができるのです。
コインランドリー経営をスムーズに行うためにも、フランチャイザーを賢く選び、コインランドリーのフランチャイズ経営を行いましょう。