大丈夫?コインランドリービジネスの将来性


コインランドリーの需要が高まりつつある今、コインランドリービジネスが注目を集めています。コインランドリービジネスを始める上で気になるのは、「今後の動向」です。そこで今回は、コインランドリービジネスの現在の動向や将来性についてご紹介します。

コインランドリーの着実な伸び率

コインランドリーの店舗数は、年々着実に伸び続けています。厚生労働省の発表によると、その伸び率は毎年5%ほど。コインランドリーは年間で300店舗から500店舗のペースで増え続けており、10年間で約3,000店舗から5,000店舗も増加しているのです。それほどまでに、コインランドリーの需要は高まり続けています。

需要向上の背景とは

需要が向上しているコインランドリーの利用者は、女性が大半を占めています。その背景には、「女性の社会進出」や「夫婦共働き世帯の増加」などの社会情勢が考えられます。外に出て働くと、家事に割り当てられる時間が自ずと減ってしまいます。しかし、洗濯などの家事は必ず行わなくてはなりません。
マンション世帯の増加も、需要向上の要因として考えられます。マンション世帯では洗濯物を干すスペースが限られており、一度の多くの洗濯物を干すことができなかったり、布団や毛布などの大型洗濯物を干せなかったりする世帯が多くあります。それがコインランドリーであれば、一度にたくさんの洗濯物をスピーディに洗うことができ、同時に乾燥もできるため、洗濯にかける時間を大幅に削減することができるのです。
他にも、女性専用の店舗や広い駐車場を完備した店舗など、女性が気軽に利用しやすい環境が整えられていることも需要向上の背景として考えられます。

コインランドリービジネスの今後


現在、日本におけるコインランドリーの利用率は約6%です。これに対し、コインランドリー先進国といわれるアメリカでは、約20%の利用率となっています。日本でも女性の社会進出やマンション世帯の増加、生活スタイルの欧米化などにより、コインランドリーの需要はますます高まることが予測されます。
それに伴い、コインランドリーを経営するコインランドリービジネスも急成長を遂げており、フランチャイズでのチェーン展開も全国的に増加しています。
働く女性層や主婦層など女性顧客が多いコインランドリービジネスでは、リピート率をいかに上昇させるかや、コインランドリーの利便性にまだ気づいていない潜在層に対していかにニーズ喚起できるかが重要なポイントとなります。地域密着型でリピート率の高い運営を目指したり、女性が気軽に利用できる環境を整えたりすることで、成功へのチャンスを掴めるのではないでしょうか。
コインランドリービジネスは、地域の立地特性を最大限に活かすことで大きな経営展開が期待できる可能性あるビジネスといえるでしょう。