コインランドリーの広告チラシを効率よく広めるには?

コインランドリーの広告チラシを効率よく広めるには?


コインランドリー経営をするにあたって、広告チラシを配布・設置することは大切です。今回は、広告チラシの必要性や、効率的に告知するために設置すべき場所についてご紹介します。

広告チラシの必要性とは


コインランドリーを開業してから地域の方々に認知されるまでにかかる年月は、約3年といわれています。コインランドリーはオープン後、「すぐに行ってみよう」とは考えられずに、少しずつ利用者が増えていく傾向にあります。普通に営業していれば認知度は少しずつ上がっていきますが、できるだけ早く認知されたい場合には、「販売促進活動」を行うことがポイントです。
販売促進活動に最も有効とされるのが、広告チラシです。例えば、「洗濯半額」というチラシを配布することによって、新規の利用者を獲得することができます。なお、毎日チラシ配りをするよりも、広告チラシを設置する方法のほうが費用対効果は高いといえます。

広告チラシを設置できる場所

広告チラシを設置できる場所には、有料設置箇所と無料設置箇所があります。有料設置箇所として広く知られている場所には、駅や郵便局、コンビニエンスストア、スーパーマーケットなどがあります。これらの場所に設置されている広告チラシは、広告代理店を経由して契約したり、直接契約している有料サービスです。ほとんどの場合、1カ月あたりの料金と設置できる期間が決められています。非常に多くの方へのリーチが期待できますが、料金はそれなりにかかります。

無料設置場所としては、一部の宿泊施設や書店、カフェ・飲食店などがあります。これらの場所に無料で設置してもらうには、設置場所の責任者やオーナーと直接交渉するのが一般的です。宿泊施設では、地域情報チラシを喜ぶ観光客も多いので、積極的に設置を受け入れてもらいやすいといえます。これに対してカフェなどでは、商材のイメージとカフェの雰囲気が合わないなどと断られる場合もあるため注意が必要です。

少しでも多くの場所に広告チラシを設置することで、さまざまな方々の目にとまりやすくなります。無料設置箇所には、積極的に広告チラシの設置を交渉しましょう。

有料の設置場所であっても、人件費がかからず多くの方の目にとまるチラシ設置はメリットが大きいのでおすすめです。無料の設置場所では、地域密着型の店舗や個人店なら交渉しやすく了承してもらいやすい傾向にあります。たくさんの方にコインランドリーを認知してもらうためには、広告チラシ設置などの販売促進活動により、しっかりスタートダッシュを切ることが大切です。