コインランドリー経営で起こりうるトラブルとその対処法

30代を過ぎると、将来を考えて「投資」に興味を持ち始めるという方もいるかもしれません。投資先の選択肢のひとつとして、副業で可能な「コインランドリー経営」があります。
なお、何かを経営するとなると付きものなのが「トラブル」です。
コインランドリー経営を考えるのであれば、リスクヘッジの観点からトラブルの内容とその解決策について知っておくことが大切です。

実際に起こったトラブル

一般的なコインランドリーは、基本的に無人店舗がほとんどです。
「何かございましたらこちらへ」という形で、問い合わせ用の電話番号がどこかに記載されているセルフ店舗が多くみられます。
利用客からの問い合わせで実際にあったトラブルには、以下のようなものがあります。

・機械の故障

ランドリーの故障により使用できない、使用中に故障したため洗濯物が取り出せない、など

・両替機の故障

両替機が故障していて使用できない、お札が詰まってしまった、など

店舗が閉まっていて洗濯物が取り出せない

営業時間を過ぎて来店したため、店舗に入れない

トラブルが起きてもフランチャイズ経営であれば対応可能

店舗を経営する上で重要なのは、何よりも「顧客満足度」です。利用客に満足いただけなければ、顧客離れが生じます。
顧客満足度を上げるためには、トラブルが起きた際の迅速かつ丁寧な対応が不可欠です。一つひとつのトラブルに対して、迅速かつ丁寧に対応することで、店舗の評価を上げることにつながります。

コインランドリーは基本的に無人店舗であるため、個人で経営している場合にはトラブルが起きた際の問い合わせが経営者である「オーナー」にかかってくるというケースもみられます。
この場合、副業としてコインランドリーを経営しているとすぐに対応できない可能性があります。この点、フランチャイズ経営であれば店舗でのトラブルはすべて本部が対応するため、オーナーはトラブルの対応に追われる心配はありません。
フランチャイズ経営であれば、店舗で起きたトラブル対応のみならず、クレームの電話対応なども本部に対応を任せることができます。
そのため、オーナーは自分の時間や手間を無駄にすることなく、コインランドリーを経営することが可能です。

副業として何かを経営したいと考えても、トラブルやクレーム対応などを考えるとなかなか一歩が踏み出せないもの。
しかし、フランチャイズのコインランドリー経営であれば、そうした悩みはすべて解決できます。
コインランドリーをフランチャイズで経営し、自分の時間や手間を無駄にすることなく店舗を経営してみてはいかがでしょうか。