コインランドリー経営は、高齢者でも可能なビジネス

コインランドリー経営は、高齢者でも可能なビジネス



代表的な土地活用の方法といえば、「不動産投資」です。マンションやアパート、駐車場の経営など、不動産投資の方法はさまざま。しかし、不動産投資の多くは広い土地が必要となります。とはいえ、中には狭いスペースでの土地活用方法を検討している方もいるかもしれません。

そこでおすすめとなるのが、「コインランドリー経営」です。コインランドリー経営は狭いスペースで行えるだけでなく、高齢者でも可能なビジネスとして注目を集めています。今回は、コインランドリー経営が高齢者でも可能なビジネスとされる理由についてご紹介します。

コインランドリー経営で行うこと

コインランドリー経営で行う作業といえば、店舗内の掃除や集金など。それらは1日数回行うだけで構わないので、ほぼ無人で店舗を経営することができます。

店舗内の掃除方法は難しくなく、ランドリー機器の掃除方法や集金方法なども一度学べばすぐに理解することができます。コインランドリー経営は難しい専門知識や体力を必要としないことから、高齢者でもはじめやすいビジネスといえるのです。

定年後に最適な投資ビジネス



単純な作業だけで運営できるコインランドリー経営。そんなコインランドリー経営では、作業をアルバイトに委託することも可能です。掃除などの単純作業をアルバイトに委託すると、オーナーは売上管理さえ行っていれば後は大きな手間は必要ありません。つまり、自分の手間や時間をほとんど費やさずに所得が得られるのです。

コインランドリーを個人経営ではなくフランチャイズで経営すると、開業時や運営時に手厚いサポートが受けられます。フランチャイズ経営は初期投資こそかかるものの、運営ノウハウを学べたり、クレームやトラブル対応などを本部が代わりに行ったりするため、運営上でさまざまなメリットが得られるのです。「初期投資がかかる」とはいっても、利回りが高いとされるコインランドリー経営は、立地や集客などの条件が整えば数年で元が取れるともいわれており、手堅い投資ビジネスといえます。

専門知識や体力を必要とせず、狭いスペースで行えるコインランドリー経営は、退職金などを利用することで手軽にはじめられるビジネスです。定年後、「年金だけでは頼りない」という方や、「所得を得たい」と考える方、または「土地を上手く活用したい」と考える高齢者にぴったりの投資ビジネスといえます。
コインランドリー経営に興味をお持ちなら、ぜひ一度ご相談ください。