コインランドリー経営の利回りはどれくらい?利回りを上げるには?


代表的な不労所得の方法といえば、「不動産投資」です。しかし、不動産投資は「ハイリスク・ハイリターン」な投資と考えられがちで、なかなか手を出せずにいるという方も少なくありません。
そこで注目を集めはじめているのが、「コインランドリー経営」です。投資をするのであれば、できれば利回りの高い投資が望ましいもの。コインランドリー経営は、条件次第では利回りの高い投資であると考えられています。
そこで今回は、コインランドリー経営の利回りについてご紹介します。

どれぐらいの利回りがあるの?

コインランドリーは、経営の形態によって利回りが異なります。例えば、賃貸物件を利用する場合であれば、利回りは平均して15%程度といわれます。利回り15%というと、約7年で元が取れるということ。
一方、所有している物件を利用する場合、利回りは平均して20%以上といわれています。利回り20%というのは、約5年で元が取れる計算です。この割合はあくまで目安であり、優れた経営方法であれば利回りが30%を超える場合もあります。利回り30%というのは、つまり3~4年で元が取れるということ。非常に利回りの高い投資といえるのです。

さらに高い利回りを確保するには


平均的な利回りが15%~20%以上と考えられているコインランドリー経営ですが、さらに高い利回りを実現するのであれば立地場所にこだわる必要があります。店舗経営において、立地は売上や利回りを大きく左右する条件のひとつです。
立地条件がよければよいほど、高い利回りを確保しやすくなります。そのため、コインランドリー経営を考える上で、立地条件の悪い物件を避けることが重要となります。「場所が悪くても、自分が所有している土地や物件を使いたい」と考える場合は別として、高い利回りを確保したい場合には立地条件の優れた物件を選ぶことが大切です。

コインランドリー需要の動向

近年、共働きの家庭が増えています。主婦もパートに働きに出る家庭が多く、高齢化も進むことから今後はますますコインランドリーの需要が高まることが予測されます。コインランドリーの需要が高まるということは、利回りも伸びていくということを意味しています。
洗濯は、生活に必要不可欠な家事のひとつです。そんな生活に欠かせない洗濯サービスを提供するコインランドリー経営は、これからの社会にぴったりの不労所得といえるでしょう。
副業として不労所得を得たいと考えているのであれば、ぜひコインランドリー経営をご検討ください。