*

アスリートのセカンドキャリア問題!現役時代に引退後の生活を考える

2018年は日本のアスリートやプロスポーツ選手の活躍が凄いですね。

オリンピックやワールドカップ、メジャーリーグ。みなさん世界で活躍されています。

プロスポーツ選手といえば高収入であり子供たちが憧れる花形職業。

しかし、活躍する現役時代はとても短く、平均現役年数は10年も満たないなどとも言われます。

そこで今回お話させていただく内容が『アスリートのセカンドキャリア問題』についてです。

ポイントは現役時代に引退後についてどう向き合えるかです。

華やかな活躍の裏に垣間見える引退後の生活

アスリートのセカンドキャリア問題

三冠王に金メダル・得点王。輝かしい結果ですね。

競輪選手や競艇選手、サッカー選手に野球選手。数ある花形アスリートはプロ意識のもと結果を求めてプロ活動を行いますが、この結果を得られるのはほんの一握り。

そして10年という現役生活はいくら高収入を稼いだとしても、その後の長いセカンドキャリアを考えると、引退後の生活は不安を感じることでしょう。

プロとアマチュアの違い

近年、アスリートのプロ化が進んでいます。

過去、オリンピックに出場する選手のほとんどは、どこかの企業に所属していることが多かったですが、近年は個別にスポンサー契約を結ぶプロアスリート選手が増加してきました。

企業に所属していることで、引退後もそのまま企業へ就職することもできましたが、プロ選手としてスポンサー契約となると、引退後もスポンサー契約を継続するという企業は皆無に等しいでしょう。

プロとして活動する期間は高い収入を上げることができても、引退後の保障はなくなってしまうのです。

≪セカンドキャリア問題はこれで解決!?≫

引退後から始めるセカンドキャリア事業

引退後のビジネスプラン

小さい頃からスポーツしかやっていなかった。

幼い頃から注目を集める人ほどそういった環境で育つことが多いと思います。

文武両道で大学まで卒業したという方はプロアスリート選手の中でも少ないと思います。有名大学を卒業したとしてもスポーツ推薦であれば学業をおろそかにしてしまう方がほとんどでしょう。

引退後のビジネスプラン

高収入を得ていたプロスポーツ選手が引退後、セカンドキャリア問題をどう捉えているのか?

もう一度勉強するために大学を受験する人や、各スポーツ団体が斡旋するセカンドキャリア支援を活用する人もいますが、ほとんどが新しいビジネスを自分の力で行おうとする人がほとんどです。

これは、プロスポーツ選手として特別な存在であるプライドからや、周囲の誘いに耳を傾けてしまうことが要因ではないでしょうか?

ビジネス経験のない方が引退後にいきなりビジネスを展開することはとても難しいことです。生活水準を変える下げることは難しいので現役時代の貯蓄もすぐに底をつくことでしょう。

引退後のセカンドキャリア問題をできるだけ現役時代に考えること、現役時代から引退後にも継続できるビジネスを行えるかがアスリートのセカンドキャリア問題を解決するひとつの方法ではないでしょうか?

≪引退後にこんなビジネスプランもあり!?≫

家族がどう支えていくか?

現役時代にセカンドキャリア問題をどう捉えていくのか?これは独りで考えても難しいことでしょう。

現役時代はいかに成功を継続させていくかが第一選択になるため、セカンドキャリア問題まで考えることは逆に現役時代を短くさせることになるかもしれません。

そんなときこそ家族という支えが重要になると思います。

家族こそ真剣に考える

現役時代の家族のサポートはほど頼りがいのあるものはありません。

家庭を妻が守るという言葉はアスリートにとって頼もしい限りだと思います。

ここで、家族が行うことはプロとして活躍する夫や妻のサポートだけでなく、引退後のセカンドキャリア問題を家族も一緒に考えて行動することもサポートとして必要なことなんです。

自らが働くということではなく、引退後でも収入があるビジネスプランを構築させてあげることがサポートになるんです。

注目を集める引退後の投資

マンマチャオ伊丹ローソン

投資と聞くと、株式や投資信託、不動産投資、FX、投資を知らない人が行うにはちょっとハードルが高いものと感じますね。

そんな中、引退後にも収入を上げられる、現役時代から始められる新しい投資が注目を集めています。

それがコインランドリーです。

人件費がいらない、節税ができるなどメリットが沢山あるので、現役時代から始めるアスリート・プロスポーツ選手が多いんです。

人件費がいらない

新しいビジネスで頭を抱えることが人件費などの固定費です。売上がない初年度なども同様に支払うことになります。

コインランドリーは人件費が掛からないので固定費が大きく抑えることができます。地域密着型なので安定した収益を上げることもできます。

節税できる

プロアスリートは年間で大きな収入を上げることができますが、翌年も同様の収入を上げることができるかの保証はありません。

つまり、節税できるときに節税できれば、手元に残るお金の量も変わるということになります。

即時償却。

コインランドリーの開業資金を即時償却するこで節税することが可能です。

≪利益率80%のビジネスとは一体!?≫

マンマチャオでフランチャイズビジネスを

マンマチャオ

今注目の投資コインランドリー。

マンマチャオはコインランドリー経営を行う大手フランチャイズです。

日本全国のコインランドリー店舗数はおよそ2万店。数は多いですが、ブランド展開している店舗はおよそ10%と参入障壁が低い業界です。

マンマチャオの店舗数は全国で約500店舗。オーナー様の協力で店舗数の拡大を継続中です。

これもマンマチャオのフランチャイズビジネスがオーナー様からの信頼を得ているから。

引退後の安定した収益を現役時代から考えるひとつとしてコインランドリー経営を考えみませんか?

アスリートのセカンドキャリア問題!まとめ

家族

今回はアスリートのセカンドキャリア問題についてお話させていただきました。

・プロスポーツ選手・アスリートのセカンドキャリア問題

・引退後に考えるのではなく現役時代から考えることが不可欠

・現役時代に考えるためには家族(妻)の力が必要

・投資のポートフォリオとしてコインランドリーが今注目

・人件費が掛からず節税効果が高く安定した収益を実現

コインランドリー経営は参入障壁の低い業態です。

固定費も高くないので、現役時代に節税を兼ねて開業すればその後は地域密着型として安定した収益を上げることができるでしょう。

フランチャイズで経営すれば収益ノウハウを学ぶこともできますし、面倒な運営管理を任せることもできます。

マンマチャオがセカンドキャリア問題を解決する手助けになってくれるでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

以上、チャオ姉さんでした!

↓↓アスリート注目の投資相談会↓↓
スポーツボタン

コインランドリー投資ならMIS

関連記事

【間違いだらけのコインランドリー経営】第2話:コインランドリー経営は土地持ってる人がやるんでしょ?

第二話:コインランドリー経営は土地持ってる人がやるんでしょ? コインランドリー経営のお話をする

記事を読む

【間違いだらけのコインランドリー経営】第4話 コインランドリーってどのくらい儲かるの?

第4話 コインランドリーってどのくらい儲かるの?   コインランドリー経

記事を読む

即時償却で節税

即時償却で節税!中小企業経営強化税制を使った新しいビジネスとは?

即時償却。経営者さんや個人事業主さんにはピンとくる言葉かもしれませんね。 一般的に固定資産は、

記事を読む

相続対策

アパート経営よりも土地の評価が下がる!?今注目の相続対策とは?

【相続】 「あなたが親から莫大な相続を引き継ぐことになったら・・・」 「あなたが子供に莫大は相続

記事を読む

【間違いだらけのコインランドリー経営】第7話 コインランドリー経営の不動産投資と比べてのデメリットは?

コインランドリー経営の不動産投資と比べてのデメリットは? コインランドリー経営のいいとこばかり

記事を読む

【間違いだらけのコインランドリー経営】第1話:コインランドリーは学生が使うんでしょ?

第一話:コインランドリーは学生が使うんでしょ? ここ最近急にコインランドリー投資に注目が集まっ

記事を読む

【間違いだらけのコインランドリー経営】第9話 コインランドリー経営はほったらかしでいいんでしょ?

コインランドリー経営は無人経営なんだから、 何もしなくて放っておけばいいんでしょ?って

記事を読む

【間違いだらけのコインランドリー経営】第3話 コインランドリーってお金持ちだけが出店できるんでしょ?

第3話 コインランドリーってお金持ちだけが出店できるんでしょ? コインランドリーって魅力的な

記事を読む

コインランドリー経営【節税の為だけのコインランドリー?】

コインランドリー経営を検討される方が最近特に多くなってきました。 特に節税をするためだけのコイ

記事を読む

【間違いだらけのコインランドリー経営】第10話 コインランドリー経営はいまやるべきか?

コインランドリー経営について間違った認識の方々が私の周りに多いので、 この「間違いだらけのコイ

記事を読む

コインランドリー投資ならMIS

コインランドリー投資ならMIS

即時償却で節税
即時償却で節税!中小企業経営強化税制を使った新しいビジネスとは?

即時償却。経営者さんや個人事業主さんにはピンとくる言葉かもしれませんね

コインランドリー経営【コインランドリー投資と開業と運営に役立つ本を出版しました】

↓↓↓コインランドリー経営、投資、開業、運営の本を書きました。

アスリートのセカンドキャリア問題
アスリートのセカンドキャリア問題!現役時代に引退後の生活を考える

2018年は日本のアスリートやプロスポーツ選手の活躍が凄いですね。

相続対策
アパート経営よりも土地の評価が下がる!?今注目の相続対策とは?

【相続】 「あなたが親から莫大な相続を引き継ぐことになったら・・・」

不動産投資
外資系エグゼクティブが注目する新しい低投資型の不動産投資とは?

不動産投資をする投資家さんたちは沢山います。 外資系エグゼクティブか

コインランドリー経営【節税の為だけのコインランドリー?】

コインランドリー経営を検討される方が最近特に多くなってきました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑