*

【間違いだらけのコインランドリー経営】第6話 コインランドリーってもう飽和状態なんでしょ?

コインランドリーってもう飽和状態なんでしょ?

コインランドリーはもうすでに日本中にたくさんできすぎてて、

もう出店する場所はないんじゃないの?って言う人がいます。

本当にそうでしょうか?

そして、そういうことを言う人のほとんどは、地方の方です。

地方都市は確かに同じ街道筋に数百メートルおきに元はコンビニだったところがコインランドリーになってたりします。

それでもまだまだ都市部ではコインランドリーは足りないと私は考えています。

例えば東京23区内でコインランドリーの話をすると、いまだに「学生さんが使うあれでしょ?」って回答が来ますし、街を歩いていても車で走ってもそうそうコインランドリーを見かけることはないと思います。

飽和に到達してないと私が思う最大の理由。

皆さんの周りでコインランドリーを使っているっていう人があまりいないでしょ?ってことです。

お友達や知り合いでコインランドリーを使ってるという人に遭遇しないですよね?

我々の業界ではコインランドリーの利用率は半径2キロ圏内で世帯数の4%と言われています。

4パーセントですよ。

100世帯の人に聞いて4人しかいないんです。

これが既に20人30人ということでしたら、

この商売はもう飽和でしょうね。

でもまだまだ4人なんですよ。

ですので、まだまだ伸びる余地があるわけです。

これが4人が8人になったらどうなりますでしょうか?

マーケットは倍になるわけです。

ということは店舗が倍になるか?店舗当たりの売上が倍になるのです。

ちょっと夢がある話ですよね。

一方で、人口が1.2億人の日本のコインランドリー店舗数は約2万店舗といわれておりますが、コインランドリー先進国で人口3.2億人のアメリカではコインランドリーは3万店舗あるといわれております。

これを見ると日本は人口に対してコインランドリーの店舗数が多いのでやっぱり飽和だという人がいます。

しかしながら、アメリカのコインランドリーは一つの店舗に洗濯機50台、乾燥機100台なんて店ばかりです。洗濯機5台乾燥機10台で大型店と言ってる日本とは規模が違います。洗濯機や乾燥機の数で言ったら日本の10倍以上は稼働していると言えます。

ということで、単なる数字では語れない現実があります。

では、これからどんな人がコインランドリーを使う人として増えていくのでしょうか?

それはまずは以前から言っている兼業主婦層ですね。

なにせ、一億総活躍社会ですからね。

さらに、ここにきて増えているのは外国人観光客いわゆるインバウンド需要です。外国人観光客は中国人のみならず恐ろしく増え続けています。そして日本人の旅行者のように一週間前後の観光ではなく、一か月以上も滞在する方々もたくさんいます。今流行りの民泊に長期滞在する方々です。この方たちがコインランドリーを使い始めています。余談ですが民泊運営業者が最寄りのコインランドリーの洗濯機を全部占拠して、シーツ等の寝具類リネンを洗っているケースもあります。彼らの需要はこれからも増え続けていきますので益々コインランドリーの店舗数は増えると予測しています。

コインランドリーマンマチャオ公式サイト
http://ciao-net.jp/

コインランドリーマンマチャオ投資家向けサイト
https://mammaciao.com/

コインランドリー投資ならMIS

関連記事

【間違いだらけのコインランドリー経営】第3話 コインランドリーってお金持ちだけが出店できるんでしょ?

第3話 コインランドリーってお金持ちだけが出店できるんでしょ? コインランドリーって魅力的な

記事を読む

【間違いだらけのコインランドリー経営】第5話コインランドリーの開業にはいくらかかるの?

第5話 コインランドリーの開業にはいくらかかるの? コインランドリー開業に興味があるんだけど

記事を読む

【間違いだらけのコインランドリー経営】第4話 コインランドリーってどのくらい儲かるの?

第4話 コインランドリーってどのくらい儲かるの?   コインランドリー経

記事を読む

コインランドリー投資ならMIS

コインランドリー投資ならMIS

PAGE TOP ↑